忍者ブログ
Admin*Write*Comment
PHASE DIAGRAM
[1423]  [1422]  [1420]  [1421]  [1419]  [1418]  [1417]  [1416]  [1415]  [1414]  [1413
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひとことブログという紹介のされ方が一番ポピュラー(なのかな?)
「twitter」 ←wiki

140文字以内のつぶやきを一方的に放流するサービスなんですが
お知り合いや友達をフォロー(mixiでいうところのマイミク)することで
フォローした人のつぶやきを自分も垣間見ることができるというものです。
※相互リンクのようにお互いをフォローしあうと、つぶやきの見せ合いが出来る
※使い方についてはこちらが詳しいですよ
How To Use Twitter(Twitterの使い方)/カイ士伝
 


普段は「ねむいー」とか「あーおなかすいた」とかとりとめもないことをつぶやいたり
何らかの実況中継を垣間見たり、友達のつぶやきにレスってみたりと
のんびりした使い方をしていたんですが
先日、思わぬところで大活躍したので、それを日記に書き残してみます。



終電での帰宅中、数時間前からの腹痛がより激しくなってしまい
電車の中で「・・・これはまずいかも!!」という状況になりまして。

腹痛は度合でいうと、体を起こしていられない感じ。
走った後に心臓がバクバクするみたいな勢いで
ろっ骨の間、みぞおちのあたりがバクバク波打つ痛さ。
痛すぎて息が浅くしかできないので 「はっはっはっ」と結構あやしい人状態…。


去年の5月ぐらいにも同じような痛みがあって、
その時は日中だったので即近所のクリニックへ行って
痛み止めの筋肉注射をプス!っとやってもらってました。
(この時は急性胃炎。後日胃カメラを飲んだら胃潰瘍一歩手前だった・・・)


たぶん、同じことだろうと
ミゾオチを押さえながら、 さてどうしようかと。

i-modeなりフルブラウザなりで救急病院を探すこともできるけど
いかんせん移動中の電車。
こっちはかなりせっぱつまってるので少々の時間も短縮したい。

で、ふと思いついた。

「ツイッターに投げたら、誰かググって教えてくれたりしないかな・・・」

某「メシどこかたのむ」じゃないけど
ものすごーーーーく人任せな発想でつぶやきを投げてみた。



10分もしない間にフォローし合っている友達から
10件以上の救急診療をやっている病院の連絡先が送られてきた。

ツイッターをみた別の友達からは
ケータイに地図付き、タクシー会社の連絡先付きのメールも。

さらには、ツイッターの中での一種の文化のような「RT(ReTweet)」で
(RT=誰かのつぶやきをそのまま再つぶやきすること。引用、か。)
その友人をフォローしている人たちにも情報を呼び掛けてくれたり。
(私がフォローしていない、要は見知らぬ人への情報募集をかけてくれた)

余裕がまったくなかったので、
その情報を追えたのは一段落したあとだったんだけど
自分宛のつぶやき一覧を見て、あまりの情報量とその速さに驚いた。


twitterというサービスは確かに便利。
でも、それより何より、その向こうにいたオンライン状態の友人知人が
一気に協力してくれたことがものすごくうれしかったです。

ただの情報ならいくらでもググれるけど
知ってる人からの情報というだけで、心強い。

単純かもしれないけど
インターネットってすごいな、と 改めて思った日でした。

あの晩、終電で心細くウンウン唸ってた私を助けてくれたたくさんの方に
むちゃくちゃ感謝しています。

いつか誰かが困ったときには
そのひとつの手助けをしようと強く思いました!!


ほんとうにありがとう><


twitterでもらった情報の中には これもありました。

聞いたことはあったけど、全然番号とか覚えてなかったので
さっそくTEL

これって「まよったら」という前提だったので
症状をヒアリングしたりするのかと思いきや
119ではなく、直接近間の救急外来の病院の連絡先を教えてくれる
というものでした。

うーん、私の場合は
思いっきりtwitterで足りてました。むしろそっちの方が充実だった。

しかも「メモの用意はいいですか?」と聞かれたので
「えええー転送でもないのか・・・」とがっかり。
電話するのにも精一杯な緊急事態にそんな余裕があるなら
はなから119しないです・・・。

ただケータイでフルブラウザ使ったりtwitter使ったりするような
へヴィな人でもない限りは、かなり有効なサービスなので
「救急問い合わせ ♯7119」ってな感じで電話帳に入れておくのをオススメします。
ちゃんと人が出てくれるのも安心ですしね。


で、昨今よく聞く「たらいまわし」ですが
今回の自分の件でも直面しました。

まず自分のケータイから近間の救急外来へ電話。
やっぱり夜間は需要が多いんでしょうね、もうのっけからぞんざいな対応。

救急車をタクシー代わりにする不届き者がいたり
それ絶対緊急性ないし!救急要らないし!ってな事態で
呼んじゃう人が多いせいもあるんでしょうけども

看護師さん「はー、腹痛ですかー、一応先生に代わってみますけどー」
医師「腹痛ぅ??そんなのいろいろあるでしょー、痛いの?」

・・・・・・希望ゼロ。
食い下がってここにお世話になれたとしても
とても信用できないのであきらめて「もういいです」って電話切りました。

ツイッターで教えてもらったほかの病院に電話したものの
コールが延々続くのみで埒が明かず。

結局、終電後の駅のホームでうずくまってたところを
駅員さんに救出してもらい、駅から救急車を呼んでくれることに。

・個人からの打診には乗り気度が下がる
・だけど、公共機関からの要請にNOとは言えない
= 緊急時はどこかに駆け込んで、そこから救急車をお願いするのが得策かも!!

救急車に乗せられたあとも、救急隊の方が方々に打診してくださるも
なかなか受け入れ先が見つからず。

結局4件目でようやく受け入れ決定!!!

結局のところ、急性胃炎だったので事なきを得ましたが
もっと酷い状態の人は本当にこの間に亡くなってしまいますね。。


病院側の昨今の大変な状況も判るだけに
一概には言えないんですが
なんとかこういう状況が改善されるといいな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
エモこそすべて、な日常雑記。
  • カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

★人気のエントリー★
・口内炎を早く治す方法
・ポップオペラ・藤澤ノリマサ
・F-08A&F-09Aはこちらから



AMN
  • プロフィール
HN:
ゆき
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1978/04/26
職業:
webコンテンツの仲介人
趣味:
サッカー・フットサル・ライヴ・観劇・諸々鑑賞・のんびり・睡眠
自己紹介:
のるかそるか→のる
石橋を→叩きながらスキップ
自己責任→重視
カレーは→辛口で
女は→度胸?
来るものは→拒む時もある
去るものは→表面上は追わない
行動力→突如発揮する
口内炎→しょっちゅう
ご連絡→こちらへどうぞ
yuki.n.0426★gmail.com
★⇒@に変えてください

SEO / RSS


  • ブログ内検索
  • comment
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
  • フリーエリア
なかのひと携帯アクセス解析
Copyright © PHASE DIAGRAM All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]