忍者ブログ
Admin*Write*Comment
PHASE DIAGRAM
[1457]  [1456]  [1455]  [1454]  [1453]  [1452]  [1451]  [1450
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かいじゅうたちのいるところ
公開初日、バウスシアターで見てきました☆

バウスシアターでの初日はレイトショーだけやったんですが
この王冠がもらえるとあって・・・。

Where The Wild Things Are

モサモサした大きな怪獣が、絵本の姿のまま動くのが楽しみでした♪

みどころは、スパイク・ジョーンズの生っぽい映像作り。
差し込む光や主人公のマックスを追う映像が目で見てるみたいで
眩しさもあったり、風景の匂いがしてきそう。

かいじゅうたちのいるところにどっぷり浸かるには
映画館で見ることをお勧めします。
視界いっぱいにひろがるあの島、あの風景、ちょっとたまらないです。

以下、ネタばれはおさえたつもりなんですがー…
筋書きでない部分で触れてしまってるので「続き」で。


小道具や美術を見て「ほぁぁー」とため息しちゃうほど
ビジュアルにときめく映画が好きなんですが
そういう面でも「かいじゅうたちのいるところ」は満たされたー

あと、絵本でそこまで感じなかったことが
映画でちょっと深く感じられる部分もあったり。

ちょっとしたことで気分が少しナナメになったまま見に行っただけに
映画の中で出てくる「誰の中にでもあるかいじゅう」って
こういう、わがままだったりするままならない感情なのかなぁ、と
ぼんやり感じたりしてました。

なんというか世間的にはもういい歳な自分のなかにも
「かいじゅう」が長く居ついていることを思い知らされた。

自分にかまってほしい、こっちを見てほしい、思い通りにしたい、
(嬉しい気持ちや怒りの)気持ちを表現しきれない、もてあましてしまう、
それで人を傷つけてしまう、それも自覚してる、でもままならない。
それが次々いっぱい溢れて来て、かなしさや孤独感になってしまう。

そんなマックスやキャロルの感情を通して思い知ったら
なんだかもう、切なくてどうしようもない気持ちになった。

映画を見終えたあとには
わがままにしてごめんね、いつもありがとう、と
少しだけやさしい気持ちになれた気がしました。

次は何をみようかなー。
最近見たい映画がぽこぽこあって楽しみ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
エモこそすべて、な日常雑記。
  • カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

★人気のエントリー★
・口内炎を早く治す方法
・ポップオペラ・藤澤ノリマサ
・F-08A&F-09Aはこちらから



AMN
  • プロフィール
HN:
ゆき
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1978/04/26
職業:
webコンテンツの仲介人
趣味:
サッカー・フットサル・ライヴ・観劇・諸々鑑賞・のんびり・睡眠
自己紹介:
のるかそるか→のる
石橋を→叩きながらスキップ
自己責任→重視
カレーは→辛口で
女は→度胸?
来るものは→拒む時もある
去るものは→表面上は追わない
行動力→突如発揮する
口内炎→しょっちゅう
ご連絡→こちらへどうぞ
yuki.n.0426★gmail.com
★⇒@に変えてください

SEO / RSS


  • ブログ内検索
  • comment
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
  • フリーエリア
なかのひと携帯アクセス解析
Copyright © PHASE DIAGRAM All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]