忍者ブログ
Admin*Write*Comment
PHASE DIAGRAM
[1457]  [1456]  [1455]  [1454]  [1453]  [1452]  [1451]  [1450]  [1449]  [1447
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

晴れた1月の昼間。
散歩がてら歩いて向かう吉祥寺へ向かうときに
いつも歩いている道とは違う方へ歩いてみた。

中央線の車窓からここ数年ずっと気になる建物があったので
今日こそこの目で間近に見たる!!と目論んで。

三鷹駅南口からてくてく歩くこと10分ほどで
その建物は見えてきましたよー。 こんなん。

20100109133336
屋根の山になってる土壁のところに「草」の文字の左官加工。

20100109133655
横から見ると、こんな風。繋がっている。

遠目で見たとおり2階建て。
大きめでユニークなデザインの民家…?なのかしら?

土壁で、屋根はまごうことなき草屋根です。
しかも珍しくふっかふか~の土の厚み!!
50cmは無いだろうけど…でもしっかり土と根が張れるだけの厚さ。

ふぁー!良い建物だなぁ!と思って正面をよく見ると
ここ、ジブリ関係の建物だった!! うわーーーあ!!

【草屋】←という項目でwikipediaにも載ってた

ジブリ美術館のマーチャンダイズ系マンマユート団や
アニメーション制作の二馬力などの名前が。

ただエコを意識だけの草屋根や屋上・壁面緑化とはちがう
根底から土と緑との暮らしを意識したようなあったかい建物。
んんんーージブリ関係かぁ、納得。

この建物の建築は「山田建築研究所」さんによるもので、
他にもジブリ関係のアトリエなどを手掛けられてるんですね。

「新築」のところにこの「草屋」の案内があります。
建築が好きな人も、緑化に興味がある人も、ジブリの好きな人も
是非いちど!

ところでこの草屋根に使われている「アゼターフ」という素材は
実際の休耕田から作られているとか。
(あ!!あぜ道のアゼに、芝生のターフか!!)
すごいなぁ、こういうのが出来るもんなんだなぁ。

本来緑があった地面(地表)をどんどこ開発して
コンクリートやアスファルトで埋めて発展してきているので
今更それを更地に戻すなんてことはちょっと難し過ぎると思う。
シビアなようだけど、変えちゃったものを元に、ってのは…ねー。

でもそのコンクリートやアスファルトの上に立つ建物の屋上や壁面を
改めて緑のある場所として利用しようとするのは
今の時代に合っていながら、過去の緑の再現に繋がていくようで
面白いなぁと思いながらワクワクする。

視覚にも穏やかで、折に触れ変化があって
なおかつ環境にも優しいのであれば
そういった作りの家で過ごしてみたいです。

もし何かのきっかけで家を建てられるとしたら
緑化でわさわさした外観で
収納の多い明るい家を建てたいなー。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
エモこそすべて、な日常雑記。
  • カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

★人気のエントリー★
・口内炎を早く治す方法
・ポップオペラ・藤澤ノリマサ
・F-08A&F-09Aはこちらから



AMN
  • プロフィール
HN:
ゆき
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1978/04/26
職業:
webコンテンツの仲介人
趣味:
サッカー・フットサル・ライヴ・観劇・諸々鑑賞・のんびり・睡眠
自己紹介:
のるかそるか→のる
石橋を→叩きながらスキップ
自己責任→重視
カレーは→辛口で
女は→度胸?
来るものは→拒む時もある
去るものは→表面上は追わない
行動力→突如発揮する
口内炎→しょっちゅう
ご連絡→こちらへどうぞ
yuki.n.0426★gmail.com
★⇒@に変えてください

SEO / RSS


  • ブログ内検索
  • comment
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
  • フリーエリア
なかのひと携帯アクセス解析
Copyright © PHASE DIAGRAM All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]