忍者ブログ
Admin*Write*Comment
PHASE DIAGRAM
[1391]  [1389]  [1388]  [1386]  [1385]  [1384]  [1383]  [1382]  [1381]  [1380]  [1378
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上野は東京国立博物館まで「国宝 阿修羅展」を見にGO!

R0011215

うららかな春ということもあって人手が多い!
阿修羅展やってる平成館へ行ったら30分待ちとのことだったので、
一旦退散して博物館の本館へ。

ジョサイア・コンドルの設計ですよー
入って正面には大階段、左右には展示室がそれぞれ。

そこでウォーミングアップがてら「仏像の道-インドから日本へ-」を拝見。
いやもう、時間つぶしの軽い気持ちで入ったんだけど、これが・・・

んむぅぅぅうう
R0011217

キタワァァ!!!  ※フラッシュ無し撮影OKのものを撮って掲載しています※

一木彫り。内抉り無し。どっしりの不動明王。
デフォルメの利いたお顔と、恰幅、どうどうと燃える炎!!
アドレナリンどばどばです。

せっかくだから、もう1枚いっときましょうね。
※ぜひ拡大して見て欲しいこの迫力
R0011218

お不動さんを見た段階で、もうテンションあがってたんですが
まだいらっしゃいましたよ。

さながらBUTSUZOオンステージ。
R0011219
(のっちでーす かしゆかでーす あーちゃんでーす)

躍り出しそうな影
R0011221

たまりません。


このあたり、すべて無料で観られるんですよ・・・帰れなくなるよ・・・。

すっかりテンションあがってウォーミングアップも完了したところで
いざ阿修羅展へ。

残念ながら、というか当然ながら撮影禁止だったので画像ナシ。
ですが、思いのたけを余すところなく書き連ねるので長いですぜ。


このあたりでも見てみてください!
★阿修羅展 公式サイト
★阿修羅ファンクラブ(会長みうらじゅんw)


まぁ、会場めっちゃ混んではいるんです。

細かい遺物系はテレビモニターで展示物を確認して、
観たいものだけ列に入って肉眼で確認してきました。
(水晶柱が見事ですよ!六角柱の真ん中を円柱にくりぬいてあって綺麗)
端折ったようなものですが、延々ぎゅうぎゅうと並ぶよりは良かったかな。

まだ阿修羅は出てこないです。

その前に仏様の眷属の「八部衆」(異形の姿をとる八人の神々)と
お釈迦様の十人のお弟子さん「十大弟子」
がずらり!!!
よっ!仏像界のEXILE!

一体一体の隣に名前が示されているんですが
プレートに書かれているのではなく、壁面にプロジェクションで映されているので
なんだか雰囲気たっぷり。 映画か何かの登場シーンのようでした。

お弟子さんたちは、一人ずつ得意分野の第一人者となっていて
説法、解空、知恵、神通、などそれぞれが表情や衣服に表現されてます。
(お話が得意な人たちのお顔がもう。説得力ありすぎる)

どうやらわたしは闘神系が好きなようで、八部衆を目の当たりにしたときは
何かしら有名人かライブでも見たか?ってぐらいテンションあがりましたよ。

迦楼羅(かるら)の顔が、本当に鶏すぎてヤバい!
沙羯羅(さから)は幼顔ですが、頭に蛇のっけてます。
緊那羅(きんなら)はイケメン畢婆迦羅(ひばから)は髭のチョイ悪。

・・・とか、そんなことばっか考えてました。
このエリアの仏像はサイズも大きめやし、あまりにかっこよくてね・・・
もう本当たまらない。

で、そのエリアを抜けるといよいよ阿修羅さん登場。
阿修羅も八部衆の一人です。

でも、人気が桁違いなのでソロですよー。


阿修羅ゾーンの手前は、有機ELディスプレイ付の門のようなものをくぐります。
阿修羅の顔やら腕やら、一部ずつ映し出されてて
もーーーーもったいつけてからに!!


その中を抜けると、人波の向こうについに阿修羅登場!!

引きで見るとパリコレのランウェイか、コンサートの花道か、って感じで
人波の中から一際高く威風堂々立つ阿修羅像。


八部衆の隆々とした感じとは打って変わって、
憂いのあるお顔とほっそりした腕、なんと八頭身(ダルビッシュ的)

手のバランスとか、いっそ優美です。
アシュラは戦いを好む、怒れる神様のはずなんだけど・・・

阿修羅神話によると・・・

 正義の神阿修羅 力の神インドラがいた神話の時代
阿修羅の一人娘を力ずくで連れ去ったインドラに阿修羅は戦いを挑むも
返り討ちにあって天界を追放され、傷つきながら地上へ。

そこでお釈迦様の説法を聞いて感動した阿修羅からは
怒りが消え、闘うための筋肉も消えた
・・・と。

あ、あ、阿修羅ーーー(涙)


阿修羅の展示のあとにあるVR(バーチャルリアリティー)映像で
彩色を除いた像の造形が出ていたんですが
涙袋がふくっともりあがって、下まぶたの中にはまるで涙を湛えているような
そんな絶妙な表情でした。。


もうね・・・力も抜けますわ。。


円空さんの仏像とかも好きやけど、この阿修羅はまたなんともいえず。

造形の細かさや妙に惚れぼれするのも良いですし
お連れさんとツッコミながら観るのも面白いです。

観仏は楽しいヨ!  6月までやってます!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
永山修一 2011/02/05(Sat)15:18:08 編集
これだったら仏像界のAKB48じゃないかな
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
エモこそすべて、な日常雑記。
  • カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★人気のエントリー★
・口内炎を早く治す方法
・ポップオペラ・藤澤ノリマサ
・F-08A&F-09Aはこちらから



AMN
  • プロフィール
HN:
ゆき
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1978/04/26
職業:
webコンテンツの仲介人
趣味:
サッカー・フットサル・ライヴ・観劇・諸々鑑賞・のんびり・睡眠
自己紹介:
のるかそるか→のる
石橋を→叩きながらスキップ
自己責任→重視
カレーは→辛口で
女は→度胸?
来るものは→拒む時もある
去るものは→表面上は追わない
行動力→突如発揮する
口内炎→しょっちゅう
ご連絡→こちらへどうぞ
yuki.n.0426★gmail.com
★⇒@に変えてください

SEO / RSS


  • ブログ内検索
  • comment
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
  • フリーエリア
なかのひと携帯アクセス解析
Copyright © PHASE DIAGRAM All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]