忍者ブログ
Admin*Write*Comment
PHASE DIAGRAM
[395]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

報道もそろそろ反感買いそうなものばかりなこのごろ。
気になってアクセス解析を見ましたが
どうやら新潟方面からのアクセスは無さそう…(元から)

もし自分が被害に遭ってたとしても。
置かれてる状況にパニクらず
「生きててラッキー!」ぐらいの気概で乗り越えたいです…。

昨夜たまたま阪神の震災をご存知の方と話をしてたんですが
「あーあ」と思ったのが、人のねたみそねみの怖さ。

倒壊した家と、倒壊しなかった家が、向かい合ってたらしく…。
想像するに難くないと思うんですが。

「おたくはいいわよねぇ(超トゲ)」的な。

ほんと、冗談じゃない。
ワタシなら「日頃の行いですかねー」とか言いかねない。
(半分冗談)

無事だった家の人は、電気やガスが復旧してすぐに
おむすびこしらえて、ご近所に配って回ったらしい。
そりゃ、みんなで永らえたいし。自分に出来ることをしようとするだろうし。

それを享受しておきながら、まだ言うか? っつー話です。

今回も、報道されてるのが
「されてあたりまえ」と思う人たち。
災害に遭ったのは、確かに、自分たちは悪くないことではあるけども
それに対して、周りの人たちがどれだけ労をして援助してると思ってるんだろう。

『おにぎりひとつじゃ足りない』 ?

満腹になるための食事なつもりなんだろうけども…。
命をつなぐためのものであって、普段の食事とは違うんだよ。

文句言う前に、命があることと、援助を受けられる環境に
感謝したらどうなんだろう。と、思ってしまいました。
悪いけど本心。

ただ。これはそれを言った人が悪いんではなく
一番には 報道の問題 があると思う。

救われて良かった、とか。ありがたい、とか。
そういう意見がないとは思えないし
そういう意見を取れたビデオをナゼ流さない?

お茶の間、世間に、何が受けるかを考えての編集がなされてるはずだけど
取捨選択をしてこの結果だっていう
日本の報道体制が情けない。メディアの人間として恥を知れ。
と思う。

人に知らせるのが仕事であって、
報道に主観が求められてるわけじゃないよ。

リポーターも、メット被らずにピカピカのスーツに革靴…。

余震なめてないか?
と思う視聴者は、少なくないと思いたい。

メディアの力が強いことで、たくさんの誤解が生まれる。
それに気付かない人も多い。
ワタシがここでぼやいてても、何の力にもならないのが悔しい。
それでも言わないよりはマシやと思って書いてる。


メディアの大人物とされる方、今動かなくて何が変わる?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
エモこそすべて、な日常雑記。
  • カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★人気のエントリー★
・口内炎を早く治す方法
・ポップオペラ・藤澤ノリマサ
・F-08A&F-09Aはこちらから



AMN
  • プロフィール
HN:
ゆき
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1978/04/26
職業:
webコンテンツの仲介人
趣味:
サッカー・フットサル・ライヴ・観劇・諸々鑑賞・のんびり・睡眠
自己紹介:
のるかそるか→のる
石橋を→叩きながらスキップ
自己責任→重視
カレーは→辛口で
女は→度胸?
来るものは→拒む時もある
去るものは→表面上は追わない
行動力→突如発揮する
口内炎→しょっちゅう
ご連絡→こちらへどうぞ
yuki.n.0426★gmail.com
★⇒@に変えてください

SEO / RSS


  • ブログ内検索
  • comment
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
  • フリーエリア
なかのひと携帯アクセス解析
Copyright © PHASE DIAGRAM All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]